FC2ブログ
 
誰が書いているの?
 

ななえほんちょう日和へようこそ!!

ほんちょうのせんせい

Author:ほんちょうのせんせい

 
いちばん新しい記事
ほやほやコメント
 
 
最新トラックバック
何の話し?
月別アーカイブ
 
 

4月24日のにっき(23日の分も・・)

 
2013/04/24(Wed) Category : 今日のほんちょうさん
「春」は来ましたか?

「春」は来ましたね!
16

23日には
「きりん組 親子で遊ぼう」が
行われました!!
1
沢山の保護者の皆さんに
ご参加いただきました。
ありがとうございました!!

玉ねぎの皮での染め物に
挑戦しましたよ!!
2

一緒に絞りを作って
3

染めました!!
4
個性たっぷりに、素敵に染まったかな?
完成形は、何になるのかな?
お楽しみに!!



はい。シールの貼るところは・・・。
5

そっちですね~~~!正解!
6


こちらも、出来上がってきましたか??
7

良い感じです。
8
こちらも、春の風物詩ですね!



今日は、うさぎ組のお友達が
「こなひき小屋」さんに
お買い物にお出掛けしました!
9

自分でパンを選んで~~!
10

パンを運んで~~
11

お金を払います。
12

商品とレシートを受け取って
「ありがとうございました」の
大きな声で?お礼をします!
        ↑ここが、大切!!
13

買ってきたパンは
給食の時間に、いただきました!
14

そうなるよね!
15
幸せだね!!
ありがたいね!!


素敵なブログ向きのお顔を
ありがとう!!
感謝しています(笑)
999


うん、大丈夫だ!!
「春」は来ましたね!
17





レイチェル・カーソンは
著『センス・オブ・ワンダー』の中で

「知る」ことは「感じる」ことの半分も
重要ではないと書いています。


「子どもたちの世界は、いつも
生き生きとして新鮮で美しく
驚きと感動に満ちあふれています。

残念なことに、私たちの多くは
大人になる前に、澄み切った
洞察力や、美しいもの・畏怖
すべきものへの直感力をにぶら
せてしまいます。

生まれつきそなわっている
子どもの『センス・オブ・ワンダー』
をいつも新鮮にたもちつづけるため
には、私たちが住んでいる世界の
喜び・感激・神秘などを、子どもと
一緒に再発見し、感動を分かち合って
くれる大人が、少なくとも一人
そばにいる必要があります」



その一人に、我々もなれたら
良いなと、心から願っています。




『センス・オブ・ワンダー』
=神秘さや不思議さに目をみはる感性



色々なことを「感じる」ことが出来る
「春」になると良いですね~!




良いね。


本当に良いね。





解散
 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
探してみよう!!
 
 
ありがたいリンク
あした天気にな~れ
 
 
何人が読んだの?
 
 
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR