FC2ブログ
 
誰が書いているの?
 

ななえほんちょう日和へようこそ!!

ほんちょうのせんせい

Author:ほんちょうのせんせい

 
いちばん新しい記事
ほやほやコメント
 
 
最新トラックバック
何の話し?
月別アーカイブ
 
 
 
 

10月6日のにっき

 
2011/10/06(Thu) Category : 今日のほんちょうさん
秋ですね~~!!

今日は以上児の皆さんが・・・
3
色々なものを拾いに?行きました。

気温が下がり初めても
子ども達は元気です。
寒い寒いというのは大人ばかりかと・・・・。
1

何故なのでしょう?
子ども達は「枯葉」が好きです・・・。
2
理由は分かりません・・・。

何かと戦っていますかぁ~?
4




今日はこのニュース!!

前アップルCEO、スティーブ・ジョブズ氏死去

 米電子機器大手アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏
が死去した。
56歳。ジョブズ氏は体調不良を原因に8月に米アップルの
最高経営責任者(CEO)職を辞任していた。

 ジョブズ氏は1976年にアップルを共同創業し
パーソナルコンピュータ「Apple」や「マッキントッシュ」などを発表
同社を世界的な企業に押し上 げたが、社内的な対立で85年に退社。
86年に設立したピクサー・アニメーション・スタジオは、多くのヒット作を
出して、世界屈指の映像制作会社となっ た。


***********************************************************

2005年6月12日に行われた米国スタンフォード大学の卒業式で
スティーブ・ジョブズが行ったスピーチ

17歳のとき次のような一節を読んだ。
「毎日を人生最後の日であるかのように生きていればいつか必ずひとかどの人物になれる」。
私は感銘を受け、それ以来33年間毎朝鏡を見て自問している。
「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことを
したいと思うだろうか」。そしてその答えがいいえであることが
長く続きすぎるたびに、私は何かを変える必要を悟った。

自分が間もなく死ぬことを覚えておくことは人生の重要な決断を
助けてくれる私が知る限り最も重要な道具だ。なぜならほとんど
すべてのこと、つまり、他の人 からの期待や、あらゆる種類の
プライド、恥や失敗に対するいろいろな恐れ、これらのことは死を
前にしては消えてしまい、真に重要なことだけが残るからだ。
いつかは死ぬということを覚えておくことは落とし穴を避けるための
私が知る最善の方法である。何かを失うと考えてしまう落とし穴を。
あなたはもう丸裸だ。 自分の心のままに行動しない理由はない。

*******************************************************

「毎日を人生最後の日であるかのように生きていればいつか必ずひとかどの人物になれる」

そうありたいし、そうしたいと思うし、願う

えんちょうの答えも「いいえ」が続く

というより、「はい」の時なんてあったのかな・・・。


「はい」と言える日が来るようにしてみたい。

いやいや、しなければ・・・・。


「ありがとうございました。ご苦労様でした」



えんちょう家の子ども達も、親もピクサーアニメが大好きです。

特に「ニモ」はよく見ました。

ディズニーシーの「タートルトーク」も秀逸のアトラクションで
人をのせる、人を引きつける、人を巻き込むという部分では
保育士であれば「おぉ~」と思うはず・・・。

「ニモ」の中で流れる曲に園長の好きな
「ロビー・ウィリアムス」が唄う歌があります。

Robbie Williams - Beyond The Sea



あ~~、今度の休みに「ニモ」でも家族で見ようかな・・・。

解散


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
探してみよう!!
 
 
ありがたいリンク
あした天気にな~れ
 
 
何人が読んだの?
 
 
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR