誰が書いているの?
 

ななえほんちょう日和へようこそ!!

ほんちょうのせんせい

Author:ほんちょうのせんせい

 
いちばん新しい記事
ほやほやコメント
 
 
最新トラックバック
何の話し?
月別アーカイブ
 
 

1月31日のにっき

 
2011/01/31(Mon) Category : 今日のほんちょうさん
今日も雪が降りました・・・。

降る量に比例して
子ども達の笑顔は!!

雪が降る~!

どんどん、パワーアップしている!?

動き2!

そんな気がしました。



動きのある写真を一枚。

動き!

デジカメには、子ども達やスポーツの様子を撮るための
「モード」が付いているものが良くあります。
ようは、止まることなく、そして良く動く
被写体を撮るためのモードですね。

時に、子ども達はそのモードを超える動きを
することがあります。

良く撮れればこんな感じの写真になって
ダメな場合は、ピンぼけ・・・・。


子ども達の写真を、撮りやすくするこつは
シャッターを半押し(ピントを合わせた状態)で
「その時をまつ」・・・感じです・・・。

「あっ!」と思ってから、シャッターを切ると
ピント合わせ+シャッターでは間に合わないと言うわけです。

などと言いながら、なかなかうまく撮れないえんちょうでした・・。

********************************************************

さぁ!!Newコーナーの登場です!!

日替わりで、各クラスの先生達のコメント入りの日記を
のせていきますよ~~~!!

題して・・・・

考えていませんでした・・・・

と、言うわけで記念すべき1回目は
「0歳児 ひよこ組」からです!!


ひよこ!!

0歳児 ひよこ組の担任です♡
さて、何をしているところででしょうか??
最近のひよこさんは、保育士のマネをするのが大~好き♡
歌も大~好き♡
毎日 色々な歌をうたって 踊ってマ~ス♪
この写真は『くまさん くまさん』を歌いながら
踊ってま~す!
決して “張り手”じゃないですよ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

******************************************************

このようなコーナーを、担任の先生にコメントを
もらいながら、やってみようと思っています。





そうそう、富山市の「保育所クレーム対応事例集」という
すごい、事例集が・・・あるんです。
という話しの続き・・・。

その2

●会社に遅刻するからオムツ替えは保育所でやって
生後9カ月の子供が、保育所に向かう車の中で大便をした。
車の中でのオムツの交換は危険。保育所に着いてから母親
自身が取り換えると会社に遅刻しかねない。「保育士が
いるのに、なぜ保護者がオムツを交換しなくてはならないのか」
 さらに、「ある朝、時間がないことを保育士に伝えたら、
みなさん、オムツ換えをしていかれるんですけど・・・と言われた。
オムツの取換えのために会社を 遅刻し、処分を受けた場合には、
市や保育所に賠償をもとめることができるのか、また、
遅刻証明書など法的に効力を持つ証明書の発行ができるのか」と
連絡帳 に書かれていた。



●水筒に名前入れると「ネットオークションに出せなくなった。弁償して」
遠足当日の出発前に、A児(5歳)の水筒に記名がなかったので、
保育士が急いで水筒の下のほうに油性マジックで小さく名前を
書いて出かけた。
翌日、保護者から「あの水筒は、東京にしか売っていないブランド品
だった。
この後、インターネットオークションにかければ、よい値で売れる
商品だったのに、名前を書かれては出品できない。弁償してもらう」
という電話があった。
所長が担当者と共に、水筒に無断で記名したことを詫び、
「マジック消しで消すなど対処をさせて欲しい」とお願いしたが、
「そのようなことをしても、汚れて しまったものは商品にならないし
販売予定額もオークションにかけてみなければわからない」と不機嫌な
返事だった。所持品について保育所の考え方を話した が、「A児は、
自分のものはよくわかっているから名前を書く必要はありません」と
言い、理解してもらえなかった。ブランド名・販売店については
「当時の店 はなくなり、入手方法はありません」との返事だった。



●被害妄想の強い母親「保育士がうちの子を後ろから突き倒した」
ある日の登所時、園舎の玄関前に乗り入れた車が母親の所有者かを
確認し、送迎時の車の駐車は園児の安全上、園庭フェンス側に
縦列駐車の協力をお願いした。 これが発端となり、以来
「保育士がうちの子を後ろから突き倒した」「脇腹に長く
爪の痕があってびっくりした」「お昼寝しないで友達と
2人で遊んでいて先生 に叱られ、首をチョップで叩かれた
らしいですね」など、事あるごとに、母親の思い込みによる
保育所や保育士への不満を訴えるようになった。ある時、
「持ち 帰った写真が傷だらけ(一般的には傷とは判別
しにくいもの)になっていた。そんな写真は、気持ちが
悪いので取り替えてもらいたい」と言ってきた。



●夜遅くまで起きているのは、保育所のせい
1歳の誕生日を迎えた女児の母親が、「夜なかなか寝ず
遅くまで起きているのは、保育所で好きなだけ寝かせて
いるからではないか」と言ってきた。担任は、午睡の長さや
時間帯、日中の休息の必要性などを説明したが、なかなか
理解してもらえず、「夜早く寝かせたいので、午睡時間は
1時間にして欲しい」と要望して きた。その後、保育所では、
女児が熟睡していても、起すことにした。
数日後、起されている時の不機嫌な女児の様子を母親に
伝えると、母親は「午睡時間を短くしてもらっても、子供が
夜遅くまで起きている。夜遅くまで子供に付き合っていると、
働いている自分の体が休まらないので、保育所での午睡は
なくして欲しい」と言う。



●「なんで救急車呼ばんかったか!」父親が怒鳴り込む
A子(5歳)が、ズックが脱げかかりその拍子にころんで
机の角にぶつかり、眉の横を切った。その日は新しい
大きいサイズのズック(ぶかぶかであった)に替わった
ばかりだった。母親に怪我の状態を連絡し、希望の病院へ
職員が連れて行き、母親にも直接病院に来てもらう。
2針縫う処置だった。
翌日に父親が「なんで救急車呼ばんかったか!」と
怒鳴り込んでくる。
頭の中に傷が残ったらどうする。MRIを撮れ!」などと
電話や直接来所して大きな声で脅すように言うので
担当医師と面談してもらった。医師に対しても
「傷が残ったらどうしてくれるんだ」と怒鳴った。
保育所に対しては「●月●日まで文書で回答せよ」と迫る。
女性ばかりの職場であるので大きな声で怒鳴られると
職員も怯え、ますます要求がエスカレートしてきた。


まだまだ、ありますが・・・。

もうやめます・・・。

同じ親として恥ずかしい

えんちょうとしては・・・がっかりかな・・・。


午睡の部分は、特に以上児(3歳以上)の
部分では、法律が変わった部分(お昼寝は
義務ではなくなりました)もあり
様々な方面で議論されています。

こういう記事もあります。





長くなりすぎたので、これにて終了。

解散

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
探してみよう!!
 
 
ありがたいリンク
あした天気にな~れ
 
 
何人が読んだの?
 
 
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR