誰が書いているの?
 

ななえほんちょう日和へようこそ!!

ほんちょうのせんせい

Author:ほんちょうのせんせい

 
いちばん新しい記事
ほやほやコメント
 
 
最新トラックバック
何の話し?
月別アーカイブ
 
 

10月さいごのひとりごと

 
2010/10/31(Sun) Category : 今日のほんちょうさん
いろいろありましたが、大好きなプロ野球チームを
来年も、応援できそうです。
弱いんですけどね・・・。
まぁ、良いじゃないでか!!

ベイ



このニュースを見ていて、おもったこと・・・。

クラスで孤立 小6自殺 学校側「いじめと認識せず」 群馬
10月26日
 桐生市立新里東小の6年生の女児(12)が自宅で首つり自殺を図って
死亡していたことが25日、学校側の記者会見で明らかになった。
学校側によると、女 児は1人で給食を食べるなど、クラス内で
孤立していたが、岸洋一校長は「良くない状態だったが
いじめとは認識しなかった」と説明している。

 大間々署や学校側によると、女児は23日、自宅で首をつった状態で死亡
しているのが見つかった。遺書はなかったが、同署は状況から自殺と判断した。

 女児は運動会後の9月中旬から、1人で給食を食べることが多くなり
学校を休むことが目立つようになった。21日の校外学習の際には
出席したが、同級生から「こんなときだけ来るのか」と言われたという。

 学校側は、発言した児童への指導を行っていた。
女児の両親は学校側に再三にわたり、いじめを訴えており
桐生市教育委員会は、事実関係の調査を実施する方針。

*********************************************************

群馬県桐生市立新里東小6年、上村明子さん(12)が自殺し
父竜二さん(50)が「学校でのいじめが原因」と訴えている問題で
竜二さんは26日、毎日新聞の取材に「母親がフィリピン人で
あることもいじめの原因の一つだと思う」と述べた。

 竜二さんによると、明子さんが5年生だった09年
母親(41)が初めて授業参観に訪れた。その際、明子さんは
同級生から母親の容姿について悪口を言われた。
その後、いじめられるようになった。

**********************************************************

この事件の記事を見るたびに
日々がつらくてつらくて仕方がなく、さらにつらい思いをして
自ら命を絶たなければならなかった子も

「こんなときだけ来るのか」と言った子も

同級生の母親の容姿で悪口をいう子も

我々が仕事とする、「保育や幼児教育」という部分の中で人生の
一時期を過ごしていたということは、否定しようのない事実で
我々はどう受け止めれば良いのか・・・とても苦しく思いました。

同じ娘を持つ父親としても・・・。



この国は、少しだけ昔にかえれば
ルールではOKでも、常識的に考えたら「ダメ」とか
日本人だったら「ダメ」とかあったと思うのですが・・・
そういった、ダメなことを「ダメ」と言える風潮があったわけで

どこで道を間違えたのか・・・。

「ダメ」なことを「ダメ」と言うことさえ「ダメ」らしい・・・。

ルールではOKでも
物事の正当性や、人として、日本人として「ダメ」
自分だけでなく、周りの人のことを考えたら「ダメ」なことが
あるとおもうのですが・・・。
まぁ、猿まねなのですが、「ダメ」と言うと
どこぞやの外国のごとく「権利」を盾にする・・・。
それでは、どこにもこの国で暮らしている意味や
この国の人間である意味は、いらいないような気がします。

どこかで、修正しないと・・・大変なことに・・・。

過去に何度か紹介をしたことがある、歌ですが
この歌の歌詞の中にも
「やはり僕たちの国は残念だけれど、何か大切な処で道を間違えたようですね」
との、歌詞がある。



間違えなく、大切な処で道を間違えたようです。

我々はどうすれば良いのでしょうか。

子ども達に、正しいことを伝えて行くことが
我々に出来る、唯一の進むべき道なのかもしれませんね・・・。


撤収

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
探してみよう!!
 
 
ありがたいリンク
あした天気にな~れ
 
 
何人が読んだの?
 
 
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR